北海道のニジマスが話題になっている件

a0308592_00321529.jpg
「北海道生物の多様性の保全等に関する条例」のことは、フライをやる人なら既にご存知の方も多いでしょう。ここで、ニジマスがミドリガメ級の危険外来種に指定されかけているわけですよ。
http://bluelist.ies.hro.or.jp/bluelist/listA.html
明治期以降、食糧増産のために国策で移入されたニジマスを、昨今の特定外来種と一緒に扱うな!といった話は他のブログでもたくさん見かけますので、ここでは割愛。
何が問題の根っこか、さらにはその打開策も含めて、メガネ君的分析で迫ってみます。

【管理客体としての内水面は、危ういバランスで均衡が保たれてきた】
川というものは、水ばかりじゃなくて様々な人の思惑が流れているもの。
水路という面で見れば、法的に水利権(国土交通省)というものが設定されていて、農業・工業・発電のためにあるということになります。水利権というのは、河口でちょうど水が0になるように設定されているもので(そんな川見たことないけど)、権利のない人が引水しようものなら犯罪ということですよね。
漁業の場ということであれば、漁業権(農林水産省)が設定されているところがあるわけで、この権利者と釣り人がしっくりきていないのはご存知の通り。
今回、出てきたのは生物の保全(保護ではなくて、ありのままを保つことを保全といいますね)から川を眺める人たちで、上記とは違い環境省がイニシアティブをとってます。国が生物多様化を進める施策を進めたことから、都道府県に波及しているのでしょう。
私たち釣り人の世界は、法的には「遊漁」という言葉でくくられて、農水省(/水産庁)の管轄ということになってます。
遊漁/漁業権の調整は、禁漁期間や入漁料の支払でバランスがとられてきましたし、遊漁/水利権については、夏の渇水時は釣りをあきらめましょうという感じで、まあ仕方がないという感じだったでしょうか。遊漁/保全ということでは、例えば周年禁漁河川の設定といったことはありましたが、それほど釣り人には影響がなかったことでした。ところが、特定外来種の議論が盛んになるにつれ、影響力が増してきたといえるかと思います。
遊漁/保全=農水省/環境省の調整とも言えるところで、ここはいわゆる縦割り行政の弊害というやつで、調整の上手いチャンネルが形成されてこなかったところと見受けられます。

【パブリックコメントだけで条例を通すつもりかと・・・】
パブコメ=公的な機関が規則などを定める前に、その影響が及ぶ対象者などの意見を事前に聴取し、その結果を反映させることによって、よりよい行政を目指すもの。

昔はなかった制度で、自治体の職員が国に先んじて制度として構築したものなんですよ。この条例はパブコメはやってたんですが(2/7締め切り)、そもそもそこでの意見をどの程度条例に反映させるかは道の裁量なので、むしろ大切なのは、充分な議論をして上記の様々な思惑を「調整」できたかということだと思うんですよ。大学の水産学・環境科学の研究者のみなさんのお話だけ聞いていてはとても無理な話で、例えば社会学をやってる人とか、各利益に明るい人で冷静な話し合いがないといけないと思います。
ニジマスが川からいなくなることで、得をする人と損をする人がいるはずで、それはプラスマイナスで社会にとって良いことか、といったアプローチが社会学の世界だったりするのですが、私個人としては得をする人が見えません(イトウ保護の人は喜ぶ?)。だいたい、ニジマスって在来種を駆逐するほど繁殖してるんでしょうか?そんな川があったら知りたいですよ(っていうか、教えてください。お願いします・・・)。行政が介入することで、社会にはプラスの影響やマイナスの影響が生じるのですが、トータルでのプラスがなければそれはそもそも行政がするべき規制であるのか疑問といえるわけです。
ちなみに、パブコメは北海道の市町村の仲間が、日本で初めて条例化したものなんですよ。パブコメはアリバイ作りのためではなくて、住民参加の手段として設計されたものであることを、北海道庁の皆さんには忘れないで欲しいです。

【釣り人も幸せになるために】

北海道の場合は、まだ昔からの生態系が残ってる水辺もあるのかなと思ってます。
そういう川は、手付かずで残ってて欲しいという気持ちはありますよ。道民として。釣り人だけの論理で良いとは思っていません。
最初の話に戻りますが、遊漁の法的な位置づけについては、他と比べて弱いものだといつも感じています。農水省としても漁業権>遊漁の姿勢は明らかな感じですが、冷静に考えるとまあそうなんでしょう。漁業権の話は国の産業・食糧生産の話で、趣味の魚釣りと同列に考えるもんじゃないんだと腹の中で思ってるのかと。
でも、昨今のグリーンツーリズムの流れといいましょうか、然別湖や滝上町でやっているような、食料じゃなくてレジャー目的での魚の管理の可能性というのは、多くの人が感じているところだと思うんですよね。釣り人も幸せになるためには、レジャーの側面から内水面を管理する公的機関(ないし法令)が必要なんじゃないかということです。
漁協にやらせるのは無理、というのは多くの釣り人に支持してもらえる話だと思います。漁協の皆さんは生業として食べていかなくてはいけませんから、魚については「ペイするかどうか」を考えなくては組織が持続できません。生物多様性の論理では守るべきアメマスたちも、漁協の論理ではサケ稚魚の敵として駆除されることになります。実は漁業権/保全のフェーズが、一番相反する権益なのだと感じられます。道内の湖も漁業権のあるところは、内水面自体が天然のいけすと化していて、私たちはアメマスを釣るために入漁券を買い、漁協はアメマスを駆除するといった、しっくり来ない関係を我慢しているわけです。
現在ある権益の整理では一枚足りない。遊漁が漁業権と区別され、他の権益と対等に調整の舞台に上がる新たな枠が必要ではないか、そんなことを感じます。

【具体的な対案はあるのかと言われれば】
北海道には川がたくさんありますよね。1級、2級でのべ243水系、1,596本の川が流れてますよ。例えばこれを各利権で分け合うとか、大きな水系であれば利権を調整する枠組みを作るというのはどうでしょうか。
更には、流域の自治体に手を上げてもらって、地域に即した利用のあり方を選んでもらうというところまで行けば、より良い解決になると思います。現在の地方自治法上の規定では、内水面の管理というのは都道府県の権限になっているところですが、例えば河川流域の自治体で広域連合を作り、そこに都道府県の権限を一部委譲して川を管理させるといったことで、その地域の実情や住民意思に即した管理を実現するのです。
道は権限委譲を推進しており、窓口も実績もあります。モノによっては人まで派遣しているんですが、受け取りたがらないのは市町村のほうかも。
http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/cks/bunken/ijo-ijyoumain.htm

滝上町にはニジマスが必要だということであれば、広域連合で個別に実現させていけばいいということです(多様性条例にも、これに対応した例外規定を設けておけば、新たな仕組みの構築は不要ですね)。
一つモデルとして実現できれば、後はそのやり方を踏襲すれば良いのですから、無理な話とは思いません。
ニセコ町は、尻別川について町独自の条例を制定して、管理を模索しています。
http://www1.g-reiki.net/niseko/reiki_honbun/aa07006291.html


最後にちょっと脱線しますが、全盛期の屈斜路湖は、現行の法や利権整理で守ることが出来なかったフィールドではないかと感じることがあります(環境悪化の側面も多分にあるでしょうが)。放流する町民と根こそぎ持ち帰る人とのいたちごっこもその原因の一つと考えるとして、それを規制する手段はなく、キャッチアンドリリースは罰則のないお願いに過ぎない状況でした。町とNPOの方が何とかしようとしたけど、手段が見つからなかったのではないかと想像されます。
当時であれば、例えば構造改革特区を申請して欧米並みの厳しいレギュレーションを導入すれば、可能性があったのではと悔やまれます(もちろん、結局ダメだった可能性はありますが、そこはやるだけやったと諦めがつきます)。
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kouzou2/
然別湖で厳格なレギュレーションの釣りが成立しているのは、ミヤベイワナが天然記念物だからですよね。そうではない魚でも、エリアを特別なものと規定できれば、同様なルール設定の道が開かれると思います。


以上、皆さんの想像を超える長文で、私的な分析を綴ってみました。

この条例、魚を持ち帰る人に格好の口実を与えるだけなんじゃないかって危惧してますよ。私は環境保全に貢献してるんですから、なんて言われそう。
もっとも、北海道の川からニジマスがいなくなっても、私はヤマメに回帰してフライは続けるつもりです。



[PR]
Commented by たろちゃん at 2014-02-26 20:50 x
生物多様性条約から来るものなんでしょうけど、釣り人の「利権」は順序的には下のほうですね。ブラックバスの時もそうでした。
北海道で虹鱒釣りが出来なくなると寂しいです。
Commented by megane9n at 2014-02-26 22:29 x
長文にお付き合いいただき、ありがとうございます。
生物多様性のお話は、何となく生煮えな感じで運用されつつあると感じます。もう少し、勉強してみたいと思っています。
北海道でフライやってる人の多くは、大きいニジマスが釣りたい人なので、施行されると一気に人が離れそう・・・。
Commented by tt at 2014-02-27 00:31 x
弟子屈町は屈斜路湖での遊魚規制を目指して構造改革特区の申請を行ってますよ。しかも2回も。結局は農水省が難色を示し却下されたようです。
Commented by megane9n at 2014-02-27 23:15 x
ttさん、そうなんですか、却下されてたんですね・・・。
弟子屈町がアンケートをしていたころにも、町に特区の申請を進言させていただきました。
監督官庁にダメ出しをもらっているところが、大変残念なところですね。

by megane9n | 2014-02-20 00:51 | 雑記 | Comments(4)

釣りの話題がメイン


by megane9n
プロフィールを見る