人気ブログランキング |

クラッシックを聴き始めるなら、いまでしょ!

メガネ君はクラッシック音楽好きなんですよ。
道東の夕暮れに、車の中で聞くならマーラーですかね。

最近、クラッシックの「全集モノ」が生産数量限定みたいな感じでよく発売されてます。
それ自体はファンとしては大いに結構なことなんですが、ひとつ気になることが。

すごく安いんですよ。お値段が。

a0308592_21422677.jpg

ギュンター・ヴァントというブルックナーの名手として知られる指揮者がいましたが、生誕100周年記念ボックスが発売されまして、買いました。これが、CD28枚組(+1DVD)で7,000円ちょっと。
単品で買ってた人は全部そろえるのに6~7万円はかけていたはずで、もう破格ですよ(しかも、最新のリマスター技術で音質が向上している)。

こうした全集は、このBOXに限ったことではなくて、いろいろ出ている状況。演奏者ごとだったり、作曲家ごとだったり、50枚を超えるような全集が1万円前後なんてのもあります。
安かろう、悪かろうではなくて、世界遺産クラスの銘盤まで見かけますからね。
a0308592_21503478.jpg

2万円でも買っていたんじゃないかと思う。

嬉しくはあるんですが、ちょっとよくわからないというか。どうしてこんなに安く売ってるのかと。
音楽がダウンロードで購入されるようになって、クラッシックの愛好家たる中高年層がその流れに乗れず、クラッシックの売り上げが落ちてるとか、そういうこと!?

例えば、著作権的に安価に提供できるようになった過去の音源を安く提供して、新たなクラッシックファンを開拓して市場を維持しようとしているとか、そういう戦略なら納得できます。そうでなければ、業界全体が利益の先食い競争をやってるようにも見えて、今後、供給側のモチベーションが下がるんじゃないかと。それはファンとして困ります。

ともあれ、新たに聞いてみたい人には大チャンスと言えましょう。
クラッシックなんて、と毛嫌いしてる人はもったいないと思いますよ。
世の中には2つの音楽しかないんですから。

いけてる音楽と、いけてない音楽。 ね?
トラックバックURL : https://megane9n.exblog.jp/tb/20747359
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from dezire_photo.. at 2015-01-26 23:24
タイトル : ブルックナーが最後に渾身の力をこめて作曲した交響曲の大集成
ブルックナー『交響曲第9番ニ短調』Anton Josef Bruckner“Symphony No. 9” 神奈川フィルハーモニー第305回定期演奏会で、「この世のものとは思えない彼岸の響きで満たされた未完の大作」といわれるブルックナー最後の交響曲第9番を主席客演指揮者ゲッツェルさんの指揮で聴きました。その前に演奏された曲は、明るく温かで華やかさもあるコルンゴルトの組曲「シュトラウシーナ」とソプラノにチーデム・ソヤルスランさんを迎えてのR・シュトラウスの心が安らぐ「4つの最後の歌」で、リラックスした気...... more
Commented by たろちゃん at 2015-01-20 21:57 x
凄い値段ですね。ありえない.....

クラシックはバーンスタインのマーラーで挫折しているので再チャレンジしてみようか。。
Commented by megane9n at 2015-01-21 20:08
たろさん、どうもです~。
バーンスタインのマーラー全集は、AMAZONで2,500円で売ってたりします!
初めからマーラーは難しいかもです。ブラームスとかの方がオススメな感じです。

ブルーノ・ワルターの全集もほしいんですよね。
by megane9n | 2015-01-18 22:09 | 雑記 | Trackback(1) | Comments(2)